2018/04/29

海上突入部隊、進発せよ!

五周年任務も無事終わり、・B・が手に入ったところで母港枠もきつくなってきたため任務を整理しておこうと、ずーっと放置していた最凶最悪の任務と名高い「海上突入部隊、進発せよ!」をクリアしました。
噂通り最凶最悪の任務……ではなかったです。
正直、1-3が入らなければ楽に思えてしまっている自分がいる。

条件

霧島・比叡・長良・暁・雷・電の編成で5-1をS勝利。
つまるところ出撃編成は完全固定ということです。
キツイのはボス前まではほぼルート固定なのに、ボス前で80%の確率で逸れてしまうことで、これが海凸任務を最凶にしている所以ではないかと。

編成と装備

第一艦隊(攻略本隊)

対潜担当は長良。
駆逐艦に中途半端に対潜させるより、先に動く長良に対潜を割り振った方が得です。
編成から、制空権は100%確保できないため、弾着観測射撃は不可能、つまり戦艦に観測機を搭載する必要はありません。こちらも割り切って命中重視の電探を搭載します。
……電探不足で大型電探積めないんですけどね。

第二艦隊(道中支援)

決戦支援よりも道中支援重視で、こちらを重量級編成としました。
なぜなら、先に条件で述べたようにほぼボス前で逸れるので、決戦支援は無断になることが多いからですね。

第三艦隊(決戦支援)

こちらはまあ、適当でも良いかと。
決戦支援は出さなくてもS勝利可能ですが、とにかくボス前逸れで無駄な資源を使う可能性が高いので、「何十回も出撃して初めてボスに着いた。なのに潜水艦を落とせないばかりにSを逃した」なんてことにならないようにしておいた方が良いかと。
ま、保険なので適当に軽い編成で良いでしょうね。

戦闘詳報

とにかくボスに辿り着けません。
それに加えて2戦目で大破撤退率が高い。
更に、道中支援の到着率が異常に低い。何でだろう?

5出撃、ボス前逸れ3回に2戦目撤退が2回、ただ運良く6回めの出撃でボスに到達。
敵編成にはやはり潜水艦が混じりました。

昼戦終了後にこの状態。
できれば昼戦で終わらせて欲しかったけど、この編成の強みは何と言っても夜戦なので特に心配せずに夜戦に突入。

最後はネキが決めてくれてS勝利です。
さすがは長船の眼鏡。

ドロップはでち公。

6出撃で終わったのは幸運としか言いようがない。
下手なマンスリーの方が出撃回数多かったりするし。
とにかく、これでようやく長々と任務に居座っていた海突任務が終わりました。
いやー、すっきり。