2011/04/07

あと何回、桜を見ることができるか

とまあ、そんなことを最初に考えたのは高校生の時。70歳まで生きたとして、70歳-17歳で残り53回。それくらい残っていると思えた頃は良かったんですが、この歳になってくるともう残りの方が今まで見てきた回数よりも少なくなってくる。
そうなると、より一層、桜が美しく見えるようになるから不思議ですね。